家庭教師のバイトを始めようと思っているのですが、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

学生のアルバイトとして定番の家庭教師について、メリットとデメリットを、ここではそれぞれ3つずつ紹介しましょう。

<メリット>
1.ほかのアルバイトと比較すると時給が高い
あなたが家庭教師を始めようと思った理由の一つが、おそらく「時給の高さ」にあるのではないでしょうか。地域によって若干違ってはきますが、家庭教師の時給の相場は2千円前後ですから、飲食店店員などの他のアルバイトに比べれば、明らかに「割の良い仕事」と言っていいでしょう。

2.肉体的・体力的に楽
引っ越し作業や荷物の仕分け作業などの肉体労働はもちろん、店員などの立ち仕事も、けっこう肉体的にハードなものです。また、外で働く仕事の場合は、夏の暑さや冬の寒さに耐える必要があるでしょう。その点、家庭教師は基本的に室内で、座ってする仕事ですから、ほかのアルバイトに比べると肉体的、体力的に大変楽な仕事です。

家庭教師のバイトを始めようと思っているのですが、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

3.やりがいがある
生徒に勉強を教えた成果が上がった時、ほかの仕事にはない達成感ややりがいを感じることができるのも、家庭教師の大きなメリットと言っていいでしょう。マンツーマンで教えるのですから、成績が上がれば、それはそっくり家庭教師の指導の成果ということになります。

コマーシャル※東京都新宿区の家庭教師と言えば『サクシード』 http://www.benkyo.co.jp/area/tokyo/shinjuku.html

生徒からも親御さんからも当然感謝されます。こういう仕事は、ほかにはなかなかありません。

<デメリット>
1.責任が重い
マンツーマンで教えるということは、それだけ責任も重くなります。いくら教えても成績が上がらなければ、親からクレームを受けることにもなりますし、場合によっては解雇という事態にもなりかねません。全責任を一人で負わなければならない精神的プレッシャーの大きさが、家庭教師の仕事のデメリットということになるでしょう。

2.生徒や親と良好な人間関係を作る必要がある
密室で生徒と二人きりで時間を過ごし、親とも密接なコミュニケーションをとるのが、家庭教師という仕事です。ですから、生徒や親と良好な人間関係を作らなければなりません。逆に言うと、良好な人間関係を作れないと精神的にかなり辛く、続けることがむずかしくなるのが、家庭教師の仕事のデメリットなのです。

3.成果は生徒次第というところがある
どんなに熱心に指導しても、生徒にまったくやる気がなかったり、極端な勉強嫌いの場合は、成果を上げることはできません。つまり、うまく行くかどうかは生徒次第というところが、家庭教師の仕事にはあるのです。以上、3つのメリットと3つのデメリットをお話ししました。参考になさってください。

【まとめ】
家庭教師の3つのメリットと3つのデメリット メリットは「やりがいがある」など、デメリットは「責任が重い」など