家庭教師を休むときの理由は?家庭教師として知っておくべき正当な理由とは?

虫眼鏡越しにコチラを見る女性

事前に来れないことがわかっている場合

大学生であればテスト期間、社会人であれば旅行に行くなどの予定が入っており、家庭教師に来ることができないことはあります。

事前に来れないことがわかっている場合はなるべく早めに伝えておくようにします。基本的に家庭教師は月に何回のレッスンをする、もしくは何時間やるといったことが決められていることが多いです。

そのため事前にテストがある、旅行に行くなどと来れないことを伝えた上で、今後のスケジュールを立てていくようにすることが大切です。

たとえば一週間休むとした場合、その一週間分を同じ月のほかのところに回す必要が出てきます。しっかりと調節しておくことが欠かせません。

直前に休むことが決まった場合

直前に休むことが決まることは少なからずあります。そんなときはどのような理由にしようか迷うことがあるかもしれませんが、理由については正直に伝えた方がいいです。

そうすることで次回生徒と会ったときに気まずい思いをすることが無くなります。そして直前に休む場合についてもなるべく早めに生徒に連絡をするようにしたいものです。

連絡をするのが遅くなってしまうと生徒が待っている場合があります。そのためできるなら開始時刻の1時間前ぐらいには連絡をするようにしておきたいものです。

交通状況が原因で休むことが決まった場合

たとえば電車だと遅延、車だと道路の渋滞などによって急に来れなくなってきまうことはあります。明らかに来れないことがわかった時点でなるべく早めに連絡をするようにします。

そして多少の遅刻をしてしまいそうなときでも、念のため生徒に確認をしておきたいことがあります。たとえば多少の遅刻であれば生徒も待っていてくれる場合があります。

そのため遅刻をすることが確定した場合でも、遅れてきて大丈夫かといったことを確認してみるといいです。もちろん理由については電車が遅れている、道路が混んでいるなどと正直に伝えるようにするといいです。